都合のいい品種改良のなれの果て。栄養学の嘘

穀物の品種改良は、生産性や味覚などの向上のためという最もな理由からごく普通に行われてきましたが、F1種、果ては遺伝子組み換えなど、生物としては不自然な状態にまで行き着いてしまった現実があります。

 そういうものを食品として摂取することの危険性を示す一例です。
最近の小麦粉は品種改良されすぎて、もはや人間に害を及ぼすレベルまで品種破壊をされていることが諸悪の根源なのです。これはアメリカの話なのですが、日本は小麦の全消費量の85%を輸入に頼り、そのうち6割をアメリカが占めている現実を考えると、小麦に対しての認識を正しく知る必要があると思います。
過去に「食生活欧米化の真の原因」という記事を書いていますが、この記事の内容とは別に、今は小麦の「質」が著しく低下してしまって、もう危険ゾーンに入ってしまったという話です。それがアメリカでは色々な症状として現れているので、その小麦を輸入している日本でも該当する事例が多いと予測出来ます。

 日本には幸いにしてお米があります。小麦の摂取量が増えて体調を崩す人が多いこの時代に、この本は大いなる参考になると思います。試しに小麦抜きの生活を1ヵ月送ってみましょう。その次に純粋に国産小麦粉だけに絞り込んでみましょう。話半分ととらえても、ちゃんと答えが出ます。

 マクロビオティックではすでに小麦製品は避けた方が良いと結論がでているのですが、それは腸の組織を壊してしまうからなんですね。そして、その体験は多くのむそう塾生もしています。パスタの練習を続けてしたら、皮膚トラブルや口内炎や膨満感や、色々な症状を訴えています。

 ふっと思うのですが、最近日本人でも欧米型の禿げになる人が多いのは、小麦粉が影響しているのかも知れません。もちろん、肥満は確実に該当しますね。アトピーの人は完全に小麦製品は影響しますしね。

 この本で一番問題にしているのは、砂糖が精製されすぎて問題なのと同じように、小麦も品種改良されすぎて問題なのだということです。アメリカではかつて食べていた小麦品種は、今は市場には存在しないそうです。
それが仮に全粒粉であっても、オーガニックであっても、品種そのものが問題なのだそうです。
日本人なら、苦労なく小麦抜きメニューが作れると思います。
F1種ではない自家採取の小麦の種

作付けいたしました!自家採取の種が貴重です(^∇^)
F1種の種は化学肥料と農薬がセットです、化学肥料をやらなければ育たないように作られております、農家が作れば作るほど化学肥料と農薬が売れる仕組みです。

セハー ジャパン ボンアルコール 500mlヘッド付 1本より販売 除菌 アルコール スプレー式

価格:990円
(2020/2/10 06:39時点)
感想(0件)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

大和アグリラボ

Author:大和アグリラボ
時給自足が出来る村の建設プロジェクト。
週末農業の指導、応援。
農業体験、見学イベント開催。

農業は企業で働くほど刺激があるわけではありません。
基本的には平凡な作業の繰り返しです。
でもそんな平凡な生活の中にも感じる幸せがいっぱいあるのが
農業じゃないでしょうか。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR