遺伝子組換え食品=生物兵器 人工物質の脅威:大気・水・食品



オルタナティブ通信リンクより転載します。
-----------------------------------
 1901年、ロックフェラー一族は、ロックフェラー医学研究所を作り、そこで黄熱病、マラリア等の細菌・ウィルスを研究し、生物兵器の開発に着手する。

ロックフェラーが、この生物兵器の「殺傷力の強化」に使った物が、遺伝子工学であった。

この生物兵器の研究は、1930年代になると、前ブッシュ大統領一族の関与するハリマン研究所に引き継がれ、さらに第二次世界大戦後、米軍に引き継がれ、メリーランド州フォートデトリック陸軍細菌兵器研究所での生物兵器エイズの開発へと「発展する」。

このロックフェラー医学研究所では、さらに生物兵器開発に使用した遺伝子工学を使い、農産物の遺伝子組換え技術が、開発される。

遺伝子組換え食品は、生物兵器と「同根」の研究所で、「開発」されてきた。

それは人間が生きるための食品の製造技術ではなく、人間を殺傷するための軍事技術として「開発」されてきた。
-----------------------------------
以上です。

遺伝子組み換え作物(トウモロコシ)をマウスに食べさせ続けると、オスのマウスでは皮膚に巨大な腫瘍が発生し、肝臓や消化管に異常が発生していた。そして、メスでは2年後に50%~80%の確率で癌が発生していた。
さらに生態系を破壊する改めて遺伝子組み換えとは。
体細胞のy遺伝子のせいなのだろうか
驚きの現実です
ドクトルアウンの気になる健康情報より引用です
女性の男性化
リンク
ドミニカ共和国 サリーナス村で
a.10歳まで女児→その後からだが変化し、筋骨たくましい男性に。
b.13歳まで男児→おしりが大きくなり始め女性になった。
28人以上の事例がある。
GnRH細胞からホルモンのリレーがはじまり、性別を決める。

副腎皮質の腫瘍
22歳の未婚の女性。彼女が自分の体についてふと疑問を感じたのは18歳の時であった。それまでは規則正しかった生理が次第に不規則になり、ついには無くなってしまった。そのうち、ふくらはぎや腹部の産毛が濃くなり、硬い毛に変わってきたように感じたと言う。
さらに、顔に硬い毛が現れるようになり、毎日ひげ剃りで剃らなければ外出出来ないくらいまでなった。お腹の毛もかなりの硬さとなり、へそまでつながるぐらいになった。それでも若い女性のことで、誰にも相談できず悩んでいたという。21歳になって、声がテノールの低音となり、さすがに母親が娘の異常に気づき、来院することになった。
来院時、 ◦彼女の声は明らかに男性の声の領域まで低くなり、
◦顔面にはヒゲの剃り跡がみずみずしく認められた。
◦陰毛と体毛がつながり男性型の分布をし
◦乳房の明らかな萎縮
◦筋肉質のふともも、
◦性器の変形
など女性の男性化現象が見いだされた。
じつは、健常な女性でも副腎や卵巣から男性ホルモンが分泌されたり、肝臓などで活性化されて生じる男性ホルモンが存在するが、せいぜい男性の1/10程度である。ところが、もし男性ホルモンが過剰に分泌されると成熟女性であっても男性化がおこる。検査の結果、彼女には男性ホルモンを過剰に産生する副腎皮質腫瘍が見つかった。
このような腫瘍はまれであっても、悪性であることがしばしばで、その場合は予後はあまり良くない。幸い、彼女の腫瘍は手術によって取り除くことが出来た。術後の経過は劇的で、まず、ヒゲや体毛が軟らかくなりつつ減少し、性器の変形も改善をみるようになった。
 術後の彼女の言によると、「まるでオオカミ男から元に戻ったみたい

引用終わり

★日本国内販売のみ★在庫あり【即納!】花粉マスク【花粉症マスク】3層構造サージカルマスク(1箱50枚いり)≪感染防止マスク≫インフルエンザ対応マスク使い捨てマスクマスク海外の注文はキャンセル処理になります。

価格:3,000円
(2020/2/9 16:10時点)
感想(7件)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

大和アグリラボ

Author:大和アグリラボ
時給自足が出来る村の建設プロジェクト。
週末農業の指導、応援。
農業体験、見学イベント開催。

農業は企業で働くほど刺激があるわけではありません。
基本的には平凡な作業の繰り返しです。
でもそんな平凡な生活の中にも感じる幸せがいっぱいあるのが
農業じゃないでしょうか。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR