お茶で脳の萎縮を予防できる 認知機能低下を抑制

緑茶にはカテキンによる抗酸化作用により活性酸素を消去する作用があるのはよく聞きますが、

さらに効果がある成分があるそうです。(リンク

・・・・・以下引用・・・・・
静岡県立大学茶学総合研究センターの海野けい子氏らは、

お茶に最も多く含まれているアミノ酸で緑茶の旨味成分の1つである「テアニン」の機能性に着目し、

これまでにテアニンがマウスのストレスを軽減し認知機能低下を抑制することなどを報告してきている。

今回の研究では、テアニンがストレスによる脳萎縮を抑制するかを、

東北大学加齢医学研究所の住吉晃氏らとの共同研究により磁気共鳴画像法を用いて検討した。

4週齢のマウスを5日間グループで飼育し環境に慣れさせた後、そのままグループで飼育する群と、

仕切板により1匹ずつ個室で飼育した後に途中から仕切板を外して2匹の相部屋に移す群に分けた上で、

さらにそれぞれを2分し、一方は通常の水、

もう一方はテアニンを20μg/mL含む水溶液を与えるという計4条件で飼育した。

個室から2匹相部屋に移す条件では、2匹のマウスが互いに相手を

侵入者と見なしストレスがかかった状態になる。このストレス状態の期間は、

0、1、2、4、6カ月の5パターン設定した。一連の実験は、

ストレスに対する感受性が強い「SAMP10」というマウスと、

比較対照として動物実験で一般的に使われる「ddY」という計2種類のマウスを用いて行った。

まずSAMP10マウスの脳の容積を前記の4条件別に見ると、

ストレスを負荷し通常水で飼育した群は、ストレスを負荷しテアニン水溶液で飼育した群や、

ストレスを負荷せずに通常水で飼育した群に比較して、海馬(記憶を司り、

アルツハイマー病では初期から萎縮する部位)や新皮質(脳の高次機能を司る部位)が有意に小さいことがわかった。

次にこの変化を経時的に見ると、ストレス負荷1カ月の時点で新皮質が有意に萎縮したが

(112.75±8.26mm3)、テアニン水溶液で飼育した群では2カ月目で回復した(123.75±7.57mm3)。

また海馬ではストレスを6カ月間負荷した時点で、通常水で飼育した群(23.01±0.79mm3)と

テアニン水溶液で飼育した群(26.02±1.46 mm3)に有意差が生じていた。

これらの結果は、ストレスによってSAMP10マウスの海馬や新皮質で萎縮が生じるが、

テアニンがその抑制や回復に寄与したものと考えられる。なお、

グループ環境で8カ月間飼育した(ストレスを負荷しなかった)群では、

通常水(25.75±1.69 mm3)、テアニン水溶液(25.54±1.91 mm3)の違いによる海馬の容積に差がなかった。

一方、ddYマウスではストレス負荷1カ月時点で、

通常水で飼育した群とテアニン水溶液で飼育した群のいずれも海馬容積が

有意でないながら軽度に縮小する傾向が見られたが、2カ月目以降、

両群ともに回復した。グループ環境で8カ月間飼育した群では、

通常水で飼育したマウス(23.93±1.04 mm3)はテアニン水溶液で飼育した

マウス(27.81±1.16 mm3)に比べ、海馬の容積が有意に小さかった。

ddYマウスの検討では、海馬で見られたこれらと同様の変化が新皮質においても認められた。

上記のほか研究グループでは、ストレス負荷がSAMP10マウスの遺伝子に及ぼす影響を検討した。

その結果、Npas4やLcn2といった遺伝子の発現がストレスの影響を受けて変化し、

テアニン水溶液で飼育したマウスではそれらの変化が抑制されることがわかった。

海野氏らはこれらの結果を踏まえ、「ストレス負荷によって、

ストレスに敏感なマウスの脳容積が減少する。これに対し、

茶葉の主要アミノ酸であるテアニンは、ストレス応答遺伝子発現を修正することで

脳萎縮を防ぐことが示唆される」とまとめている。
・・・・・引用終わり・・・・・

 

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

大和アグリラボ

Author:大和アグリラボ
時給自足が出来る村の建設プロジェクト。
週末農業の指導、応援。
農業体験、見学イベント開催。

農業は企業で働くほど刺激があるわけではありません。
基本的には平凡な作業の繰り返しです。
でもそんな平凡な生活の中にも感じる幸せがいっぱいあるのが
農業じゃないでしょうか。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR