エナジードリンクの飲み過ぎで頭部が半分になった男性、実体験を語る!

過剰摂取によって重大な被害が及んだ例です。
エナジードリンクに限らず、あまりにも大きい過剰摂取は人体に影響を及ぼすと思われます。
この事件で最も重要なのは、エナジードリンクが元気を生み出すと言う、

過剰摂取されやすいり出し方なのではないかと思います。


引用:リンク

------------------------------------------------------------------
今回ご紹介するストーリーは、アメリカに住むオースティンさんの実体験。

「エナジードリンクの過剰摂取は危険!」と言われており、

実際に海外ではエナジードリンクの飲みすぎで命を落としたというケースが度々報告されています。

それでも、エナジードリンクの中毒性から、自分が実際にそういった体験を

しないとなかなか飲むのを辞める人は少ないですよね。

しかし、このオースティンさんの実体験を知ったら、少しは危機感が増すのではないでしょうか。


■エナジードリンクの過剰摂取で脳出血

オースティンさんは、当時かなりの長時間労働を強いられていたそうで、

毎日大量のエナジードリンクを飲んでいたそうです。

また、アメリカのエナジードリンクは日本のものと比べて1本の量が多いため、

それを毎日数本飲んでいたら身体に言い訳がないですよね。

そして、オースティンさんはエナジードリンクの飲みすぎが原因で、

脳出血で倒れてしまい、意識不明の重体に。

手術を2回おこないますが、なんと2週間も意識不明の状態が続き、

目覚めるかどうかはわからない状況でした。

そんな状況の中、奇跡的に手術とオースティンさんの

体力・精神力のおかげもあり、目を覚まします!

しかし、目覚めると手術の結果、頭部の前方半分がへこんでおり、

自分自身では体を自由に動かせない状態になっていました。

オースティンさんには1人の息子さんがいて、倒れた直後に産まれました。

その息子さんを自分の手で抱きかかえることができず、非常につらかったと思います。

オースティンさんはそれでもあきらめることなく

、頭の治療のためにアメリカ全土にある病院を回り、様々な治療をします。

その結果、頭部は非常に痛々しい状態ではありますが、

現在は家族で幸せに生活を送っているそうです。

エナジードリンクという名称から栄養ドリンクと混同する人が多いですが

、実際にはエナジードリンクは「清涼飲料水」であり、「医薬部外品」の栄養ドリンクとは全く別ものです。

 エナジードリンクには、身体によくない「糖類」「添加物」「カフェイン」が多量に含まれています。

中毒性があるため、1度愛飲した方であればなかなか辞めるのが難しいと思いますが、

自分の健康のためにも気を付けたいですね。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

大和アグリラボ

Author:大和アグリラボ
時給自足が出来る村の建設プロジェクト。
週末農業の指導、応援。
農業体験、見学イベント開催。

農業は企業で働くほど刺激があるわけではありません。
基本的には平凡な作業の繰り返しです。
でもそんな平凡な生活の中にも感じる幸せがいっぱいあるのが
農業じゃないでしょうか。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR