食べる側の権利  奈良県農業体験

このところ「安ければ、それでいいのか!?」(コモンズ出版)「あぶない野菜」(めこん出版)をたて続きに読みました。どちらもグローバル化、とりわけ輸入食糧について書いてあるのですが、現代の怪談話だな~と恐ろしくなりました。そしてまた同時に今、自分のしている「農」に対して自信が持ててきました。

「安全」「環境」「関わり」がこれから不可欠になってくるのではないでしょうか?これは「安全」=無農薬、「環境」=化石エネルギーを使わない、「関わり」=直売と、直結的なこれ以外許しませんというものではありません。しかしこの3点を目指すか目指さないかによって大きく違ってくると思います。

農業が工業や衣料と違うのは人が直接口に入れるものを育てているということです。そして先進国と呼ばれている国で日本ほど食べる側の人権が蹂躙されている国もないと思います。

農業が「業」である以上、食べてくれる人がいないことには成り立ちません。そして前述した通り、直接口に入れるものである以上、農家だけの考え方では成り立っていかないよう思います。

人は基本的に保守的だと思います。とりわけ農業がそうだと思います。同じ農業仲間が「安全」「環境」「関わり」を話してもなかなか変わりません。なぜならそれを受け入れる事は今までのやり方が間違っていたと認める事だからです。

しかし生き残りをかけている今だからこそ、食べている側の意見を受け入れる必要は出てきたよう思います。もちろんその方法は双方向である必要はあると思います。

そう考えるとこの会議室で話されている事は非常に有効だと思います。「机上の空論」などと卑下する必要もないと思います。これまで農業というと「食」そのものを介在して成り立っているという考え方でした。

しかしこの会議室で「屋上農園」「観交農園」など農業の新しい可能性を気付かせてもらいました。

ある人が「買い物は投票である」と言ってました。この言葉には色々な意味もあると思いますが、農家だけでなく買う人、食べる人もその意識が必要かと思います。またそこには正しい情報が不可欠かとも思います。

  遺伝子組換え食品=生物兵器
ご存じでしょうか?
遺伝子組換え食品は、生物兵器と「同根」の研究所で、「開発」されてきた事。

それは人間が生きるための食品の製造技術ではなく、人間を殺傷するための軍事技術として「開発」されてきた事。
遺伝子操作は原爆と同じように人類や生き物を何百年も苦しめる事。

子供達のひ弱さや、精神欠陥の激増、生活の知恵の欠如等の現状を受けて、自然体験・農業体験が拡大しています。
 まず需要の分析に入る前に、農の教育や人の心に与える意味について触れておきたいと思います。
 農の持つ「効用」で、実感上及びデータ上確かめられていることとして、自然体験や生活体験(果物の皮をむく、野菜を包丁で切る等)の有無や頻度と、道徳観・正義感(ex.友達が悪い事をしていたら止めさせる、席を譲る等)とは強い相関関係があるという点が上げられます。
 おそらくそれは、自然の圧力を前にしての自己の制御、自然の持つ癒し効果による充足感情、協働作業による達成感や一体感の充足の体験等に起因するものと考えられます。また体や手を動かす事と、自我の制御とが何らかの形で関わっているのかもしれません。

週末農業の応援します♪
耕作放棄している土地を利用し、大きな面積を時給自足の生活を目指す自然農法村プロジェクトを開始いたします。

  • 現在の日本が5年後・10年後にどうなるのか。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

大和アグリラボ

Author:大和アグリラボ
時給自足が出来る村の建設プロジェクト。
週末農業の指導、応援。
農業体験、見学イベント開催。

農業は企業で働くほど刺激があるわけではありません。
基本的には平凡な作業の繰り返しです。
でもそんな平凡な生活の中にも感じる幸せがいっぱいあるのが
農業じゃないでしょうか。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR