農業見学 農業体験 週末農業 農業を始めたい方 たまファーム吉野

週末農業の応援します♪
耕作放棄している土地を利用し、大きな面積を時給自足の生活を目指す自然農法村プロジェクトを開始いたします。
現在の日本が5年後・10年後にどうなるのか。
わかる人はわかりますよね(-_-;)
今現在の経済や様々な組織の柱が抜ける。
世界が体験したことのない超々高齢社会へ最初に突入する日本。
戦後の日本を立て直した勤勉な日本人。
これからの世代が先人達の20倍以上働く事が可能でしょうか?
時、時間は永遠に進んでいる、様々な組織運営も行政も同じ考え方から抜け出せない、時間が止まっていると思っているのでしょうか。
当たり前の現実が目の前です、家族で作物を育てて命と向き合って行く。
命を守る生き方が急務でありますので過激と思われても発信してまいります。

街に人があふれ、子供たちが教室にぎゅうぎゅう詰めで授業を受けた、古き良き日本は二度と戻らない。増えてゆく空席を、言葉の通じぬ人々が埋めてゆく。カネも絆も失った私たちは、どうなるのか。

10人に1人はボケている

「このまま無為無策で過ごせば、日本はとんでもない事態に見舞われます。社会保障の破綻、際限のない増税といった山積みの問題が、

10年足らずで一気に表面化するのです」

およそ1世紀も増え続けてきた日本の人口が、昨年ついに減り始めた。

「これから10年間で、日本の人口は700万人減ります。15~64歳の生産年齢人口が7000万人まで落ち込む一方で、65歳以上の人口は3500万人を突破する。

2025年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、人類が経験したことのない『超・超高齢社会』を迎える。これが『2025年問題』です」



イメージできますか?

経済が破綻し通貨が紙切れになる意味を?


   たまファーム問い合わせ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

大和アグリラボ

Author:大和アグリラボ
時給自足が出来る村の建設プロジェクト。
週末農業の指導、応援。
農業体験、見学イベント開催。

農業は企業で働くほど刺激があるわけではありません。
基本的には平凡な作業の繰り返しです。
でもそんな平凡な生活の中にも感じる幸せがいっぱいあるのが
農業じゃないでしょうか。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR