コロナ騒動後は追求力の時代。本当に必要なもの、本物だけが生き残る!

現在、世界中を不安視させているコロナ騒動。 まだまだ終息の気配はありませんが、人々の意識(節約志向、本物志向)は着実に変化していると感じます。 この意識の変化は、コロナ騒動が終息した後、どうなっていくのでしょうか?
今回のコロナウイルスは、確かに未解明な部分が多く、未知の怖さがあります。しかし、だからこそ、未知なるものと対峙した際の人類の適応本能が試されています。決して頭でっかちにならず、潜在思念(体・心)が捉える可能性に向かっていけば、断じて不安になることはないと考えます。
マスコミが垂れ流す情報 続きはこちら

 

農村には、「食」のもとを生産するための農地があって、
その農地では、農業が行われ、「食」のもととなる作物が栽培
されています。

 人間が生きていく上において、欠くことのできない「食」を守るために
は、まず、「食」のもととなる農村・農地・農業を守っていかなければな
りません。
自然の中で体を動かして、自然の恵を受けて生きるってのは、
本来の人間の生き方のような気がするんです。

現代社会ってのはどうも自然を人間がコントロールしようとして
その結果、自然も壊れ、人間自体もどこかおかしくなってきてる
気がします。 

 

まだまだ夏野菜も間に合います♪

畑で作物を育てたいと思う方は気軽に連絡ください。

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

大和アグリラボ

Author:大和アグリラボ
時給自足が出来る村の建設プロジェクト。
週末農業の指導、応援。
農業体験、見学イベント開催。

農業は企業で働くほど刺激があるわけではありません。
基本的には平凡な作業の繰り返しです。
でもそんな平凡な生活の中にも感じる幸せがいっぱいあるのが
農業じゃないでしょうか。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR