農業の魅力とは自然と向き合うことが出来ることです。

農業・農村は私達が生きていく上で欠かせない食料を供給しています。

新鮮で安全な食べ物を供給することが農業の重要な役割です。

しかし、日本は食料の多くを輸入し、

食料自給率は供給熱量ベースで40%と主要先進国の中で最低の水準となっています。

農業国であるフランスでは、自国が農業国であることを誇りに思い農業に従事している人達を大事にしています。日本の国民は、はたして自国の農業を誇りに思っているでしょうか。 

大量生産で大量消費という時代はもう終わりです。

日本人はかっこいいものに目が向きがちですが、

これからは泥臭くてもこつこつ地道にやっていくことが評価される時代がきます。

丹精込めて作られた気持ちのこもった農作物が求められる時代になるでしょう。

消費者自身も日本国内で生産している物をどうしたら買い支えることができるのか、

このことについて真剣に考えていくことが大事だと思います。

心のこもったモノを食べるということが健康を作るための基本です。 

 

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

大和アグリラボ

Author:大和アグリラボ
時給自足が出来る村の建設プロジェクト。
週末農業の指導、応援。
農業体験、見学イベント開催。

農業は企業で働くほど刺激があるわけではありません。
基本的には平凡な作業の繰り返しです。
でもそんな平凡な生活の中にも感じる幸せがいっぱいあるのが
農業じゃないでしょうか。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR