大和アグリラボ メンバー紹介と配信内容



農業には、その生産活動を通じて、国土の保全、水資源の涵養(かんよう)、自然環境や美しい景観の形成、伝統文化や食文化の継承など、国民の暮らしや環境をまもるうえで欠かせない役割があります。

 

中山間地域にある水田は、一般に河川の上流にあることから、大雨が降ったときに水量を調節するダムの役割を果たし、下流の都市を洪水からまもります。

 また、棚田は美しい景観や生態系の保存にとって欠かせない役割をもっています。

現代で暮らす人々にとって、農業の大変さを経験することで、生きていくことについて改めて新しい発見をすることが出来ます。

新型コロナ騒ぎは、21世紀の新型世界大戦の引きがね

・ベトナム戦争の引きがねにされたトンキン湾事件や、イラク戦争引きがねにされた9.11ビル爆破事件、各国を次々に巻き込んで世界を席巻するコロナ騒動も世界大戦への引きがねに違いない。人とモノの動きに急ブレーキがかかり、嘗て無い規模と深刻さで大不況→世界恐慌が始まった。各国世論操作の徹底ぶりは凄まじいスピードだ。
阪神球団のコロナ感染や有名コメディアンの死亡などが大衆世論の操作に使われ、企業の生産活動に急ブレーキがかかり、接待行為などの細部にまで恫喝が徹底されてきた。株価の下落もスピーディで、三番底までトコトン暴落するに違いない。生産活動や社会行為を身動きできないほど抑圧してしまう世論制御のの詰めが凄い。

・社会活動を全面制御する仕掛けと仕組み作りのスピードは、太平洋戦争突入時の戦時翼賛体制つくり以上なのではなかろうか。なんでかくも易々と一国の国民どころか、世界中が騙され手のひらに載せられていくのか、追求課題である。これは21世紀の新型世界大戦だから、とにかく情勢を仔細に大胆に全力で見通していくことと、いわば流れ弾や戦闘に巻き込まれないように、自前の頭でしっかりと舵を切って経営にあたり、情勢急転のスピードを確り読み込み全力投入していく。

 

 

奈良県農業体験 週末農業塾 農業見学 シェア畑

 

農業をやってみたい!
農業で生活したい!
農業でしあわせに生きたい!
安心・安全な「いのちを育む食べもの」を作りたい!

 

 

週末農業の応援いたします。

場所:奈良県吉野郡大淀町

アクセス:大阪市内・京都から車で40分

 

 

農作業を通して、農業への理解を深め、食や自然の大切さを学ぶことができるでしょう。

そして、体験期間が長期に渡るものでは、一通りの作業を体験して技術習得も目指せます。

 

 

自分の好きな日時に田畑に来て

お弁当をなどをたべたり、のんびりと

作物を育てて

 

 

自分が無理せずに育てたい分の圃場を提供します。

 

 

興味のある方は見学等ご相談ください

 

 

シェア畑

無農薬野菜を自分で栽培できるから安心・美味しい!

都市住民が手軽に野菜作りを楽しめる農園「シェア畑」にリメイクしています。

週末農業の応援いたします。

場所:奈良県吉野郡大淀町

アクセス:大阪市内・京都から車で40分

週末農業の応援します♪
耕作放棄している土地を利用し、大きな面積を時給自足の生活を目指す
自然農法村プロジェクトを開始いたします。
現在の日本が5年後・10年後にどうなるのか。
[自然を感じて楽しく農業体験]
開催地区 奈良県吉野郡大淀町
 

https://narasizennoyasai.jp/

 

たまファーム問い合わせ

人間がどんどん病弱になっていく理由 健康と食と医

みなさんは、「害虫」と言われてどんな物をイメージしますか?
虫が全般的に苦手だと言う人もいます。
子どもの頃はあみを持って虫を追いかけまわしていたはずなのに、大人になるにつれて虫に対して気持ち悪いという感情を抱くようになってしまう人が多いのはなぜでしょうか?
昔はなんでも好奇心・興味の対象だったのに・・・関心すらもなくなって嫌ってしまうもの。苦手分野の勉強も同じかもしれません。
原因を探索してみます。

・小学校までは休み時間は校庭で遊んでいましたが、中学生にもなると、運動部でなければ体育の時間以外ほとんど校庭に出ない人が増えてしまったのではないでしょうか?
イマドキの子どもたちは、公園にへ行っても泥遊びというよりは、ゲーム機で通信して戦っているような子たちもいるほどです。
昔の人は畑仕事などでいくつになっても土と生活が切り離せない物だったと思いますが、今の時代は普通に暮らしていては土はおろか、砂さえも疎遠になってしまいます。これでは虫だって出会わないですし、もちろん菌が足りない!清潔すぎて免疫力が低下してしまします!

過去のるいネットからも明らかです!
「泥んこ遊び」で免疫力が高まる理由リンク
によると
・子どもの頃にペットを飼っているとアレルギーになりにくい
・農家で育った子には花粉症が少ない
・家畜小屋に出入りしている子どもは花粉症や喘ぜんそく息の発症率が低い
・家畜と触れあう機会の多いモンゴルの遊牧民にもアレルギー患者は極端に少ない

などの事例があがっており、とにかく自然と触れ合わない現代人の身体がひ弱なのは当然だとも言えます。

ではなぜ、自然と触れ合わなくなってしまったのでしょうか?
このオフィス街を見ても明らかなように、都会には土がないし動物も虫もいない。たまに出てくる虫は「害虫」呼ばわりされ、見つけたら悲鳴をあげる者、抹殺する者が一般的である。

大人がこれでは、子どもはさらに自然環境から遠ざかっていくのも納得ですね。
ひとりでも多くの大人がこの事実に気づき、子育ての方針を変えなければ、どんどん病弱な子どもばかりが育ってしまいます!


自然界での唯一の生産反応式が光合成である。たとえ百獣の王ライオンであっても、地球上で最も賢い動物であると思っている人間であっても、この反応で生産された緑の植物に寄生する存在でしかないのと同じ事だと言える。サービス産業のような虚業が評価され、生産業のような実業が軽んじられるのを情報化時代といい、土から遠ざかる事、脱農を近代化というのなら、共に人間にとって不幸な時代というしかない。こう云う事を本能的に彼らは感じ、この事を伝えようとしていたのではないだろうか。

 或る農学者が、「「百姓」とは「百」は「たくさん」、「姓」は「かばね」これは古代の苗字に当るもので、苗字は昔、職業を表した。要するに姓は「能力」を意味する。従ってたくさんの能力が無いとできない仕事が「百姓」という事だ。」と説いている。そうならば、人間として生まれ持って来たあらゆる能力を十二分に発揮して生きられる仕事、それが農業ではないだろうか。
 まずは、土や肥料について十分に熟知する事、つまり化学知識を持つこと。又地形に沿って棚田を拓き、水を落とし灌漑を施すなど土木、水利技術を駆使していた。他にも様々な、環境工学の知識・作物の流通や相場に対するセンスを発揮していた。又現在のように、全てを行政に世話される時代と違って「百姓」はコミュニティリーダーでもあったし、ボランティア活動に参加する事は当然であった。つまり、自らの能力を社会に対しお互いに発揮することで自他を認め合い、より良い社会を形成していこうという姿勢が農業の本質であり「百姓」として、又、一人の人間としての誇りを育てる土壌がそこに存在したのではないだろうか。


いつも最後まで読んでいただきありがとうございます♪

大和アグリラボ YouTubeデビューいたしました。

 


皆様応援よろしくお願い申し上げます。
 
これからメンバー紹介や様々なイベント、食育セミナーも開催してまいります。
 
なにかしらの魅力がなければ、わざわざ農業を仕事にしようなどとは思いません。
 
そこには、単なる金儲けではない別の価値観があります。
 
自然農法に関わる次世代と共に
 
農作業のプロ!
 
映像配信のプロ!
 
食育アドバイザー!
 
マルシェ加工品のプロ!
 
豪華なメンバーがお届けします。
 
 

 

コロナに負けない! 奈良県農業体験 週末農業塾 農業見学 シェア畑

農業をやってみたい!
農業で生活したい!
農業でしあわせに生きたい!
安心・安全な「いのちを育む食べもの」を作りたい!

 

 

週末農業の応援いたします。

場所:奈良県吉野郡大淀町

アクセス:大阪市内・京都から車で40分

 

 

農作業を通して、農業への理解を深め、食や自然の大切さを学ぶことができるでしょう。

そして、体験期間が長期に渡るものでは、一通りの作業を体験して技術習得も目指せます。

 

 

自分の好きな日時に田畑に来て

お弁当をなどをたべたり、のんびりと

作物を育てて

 

 

自分が無理せずに育てたい分の圃場を提供します。

 

 

興味のある方は見学等ご相談ください

 

 

シェア畑

無農薬野菜を自分で栽培できるから安心・美味しい!

都市住民が手軽に野菜作りを楽しめる農園「シェア畑」にリメイクしています。

週末農業の応援いたします。

場所:奈良県吉野郡大淀町

アクセス:大阪市内・京都から車で40分

週末農業の応援します♪
耕作放棄している土地を利用し、大きな面積を時給自足の生活を目指す
自然農法村プロジェクトを開始いたします。
現在の日本が5年後・10年後にどうなるのか。
[自然を感じて楽しく農業体験]
開催地区 奈良県吉野郡大淀町
 

https://narasizennoyasai.jp/

 

大和アグリラボ問い合わせ

 

 
 
 

 

 

プロフィール

大和アグリラボ

Author:大和アグリラボ
時給自足が出来る村の建設プロジェクト。
週末農業の指導、応援。
農業体験、見学イベント開催。

農業は企業で働くほど刺激があるわけではありません。
基本的には平凡な作業の繰り返しです。
でもそんな平凡な生活の中にも感じる幸せがいっぱいあるのが
農業じゃないでしょうか。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR